昨年12月「みちあそび」開催報告    

白梅商店会青年部員の大道寺勇人さん(十字屋商店若旦那)が発起人となって都内で広がっている「東京ご近所みちあそびプロジェクト」の支援を得て、当院で「みちあそび」が開催された。写真には写っていないがベーゴマの達人の今村逸郎さんも行事に協力して下さった。同企画に賛同した民間学童・AEL湯島をはじめ、複数の町会、地元・湯島小学校のPTA、同父親の会、東京こども専門学校の学生ボランティアなどの協力も得て、実施に至った。               

麟祥院での地域の子供たち向けの行事開催によって、子供たちが集いやすい寺院の雰囲気づくりの発端となった。皆様に感謝である。